三菱デリカD1D【LDA-CV1W】バッテリー交換<整備士ブログ>

三菱デリカ【LDA-CV1W】バッテリー交換

今回は三菱デリカ【LDA-CV1W】のバッテリーを交換したので紹介します。

バッテリー交換に必要なもの(準備編)

新品のバッテリー【もともとのサイズ:95D31L】【今回購入:145D31L】

まずは交換する新品のバッテリーを準備しましょう。

今回交換した三菱デリカ【LDA-CV1W】のバッテリーは95D31Lというかなり大きめのサイズのバッテリーがついていました。今回はバッテリーサイズは同じでバッテリーの性能ランクが上がったパナソニックのカオス【145D31L】バッテリーを準備しました。バッテリーサイズをしっかり確認してから購入するようにしましょう。

バッテリー交換時のバックアップメモリー

バッテリーを交換する時には必ず必須になる「バックアップ」。バックアップを取りながら交換作業をしないとメモリーが飛んだりして大変です。昔はオーディオの時計やラジオの周波数を設定しなおすぐらいでよかったのですが、最近のお車は高性能となっているのでメモリーが飛んでしまうと専用の診断機がないと復旧できないこともありますのでしっかりバックアップは取ります。

私が業務で使用しているバックアップ機は【CTEK MXS7.0】を使用しています。

工具

  1. ラチェット
  2. 10mmのコマ
  3. 10mm・12mmのネガネ

バッテリー交換時には少し小さめのメガネ(10mm・12mm)とラチェットがあればたいていのバッテリーは交換できます。

これから自分でバッテリーを交換していくのなら持っておいて損はないですよ。

実際のバッテリー交換作業

バックアップを取る

ハンドルの下側に「OBD2」というコネクターがありますのでそこにバックアップのケーブルを接続します。

車両側のOBD2に接続した後、コンセントにつなぎバックアップ機本体の電源を入れます。

電源が入った後、モードボタンを押して【SUPPLY】モードに切り替えます。

モードボタンを押していくと下のランプが

NORMAL→❆→SUPPLY→RECONDと順番に切り替わっていきます。

SUPPLYのところに設定すると上側のSUPPLYのランプも光り始めるので下も上もランプがついたら交換作業開始してOKです。

エアーダクトを取り外す

エアーダクトを取り外すとバッテリー本体が見えてきます。

バッテリーを固定しているステーを外す

10mmのナットでとまっているので反時計回りに回すとネジが緩むのである程度緩めたらステーを取り外します。

バッテリーのプラス・マイナス端子を外す

ステーが外れたらバッテリー本体のプラスとマイナス端子を緩めて外していきます。

注意
バッテリー交換時の注意点として、「マイナスから始まりマイナスで終わる」という言葉があります。

【外すとき】マイナス端子外す→プラス端子外す→バッテリー取り出す

【取り付ける時】新しいバッテリーを置く→プラス端子取付→マイナス端子取付

交換時の必須条件になるので覚えておいてください

まずはマイナス端子を緩めて外します。

次にプラス端子を緩めて外します。

マイナス・プラス端子両方とも外したら古いバッテりーを取り出します。

注意
外した端子が金属部に当たらないように気を付けてください。金属部にあたるとショートしてメモリーが飛んでしまうことがありますので要注意です

新しいバッテリーを取り付ける

新しいバッテリーを入れ替えて入れたら今度は

プラス端子→マイナス端子の順番で取り付けていきます。

まずは手でグリグリしながら端子にしっかりはめ込んでいきます。

まずはプラス端子をはめ込みます。

次はマイナス端子をはめ込みます。

そしてメガネを活用して締めこんでいきます。

ステーを取り付けてバッテリーを固定します

最初に外したステーを穴にひっかけて最初に外した10mmのナットを締め付けていきます。

バッテリー交換作業完了!!無事にバッテリー交換出来ました!!

バックアップ機を取り外す

新しいバッテリーに交換出来たら、コンセントから電源コードを抜きOBD2コネクターから端子を外し、バックアップ機を取り外します。

注意
必ず電源コードを抜き、電源を切ってからOBD2の端子を取り外しましょう

バッテリー交換後の初期化・リセット作業

MEMO
バックアップを取りながら交換作業した場合は下記初期化・リセット作業は不要です

バッテリー交換後、アイドリング制御に異常が生じたときは下記の手順を慌てずに行います。

  1. エンジン始動→暖気(水温85℃以上になるまで)
  2. イグニッションOFF
  3. 10秒以上待ってからエンジン始動
  4. 10分間アイドリングさせる(その間、ライトやナビ等の電気負荷をかけない状態ですること
  5. アイドリング回転数で正常であることを確認

まとめ

今回、三菱デリカ【LDA-CV1W】のバッテリーを交換しました。

今のお車はバックアップをしっかりとっておかないと後々大変になりますのでバックアップ機もしっかり準備して交換をして下さい。

今回の三菱デリカ【LDA-CV1W】のバッテリーは〇〇D31Lのバッテリーと大きめのサイズのバッテリーでしたので交換する前に実際にバッテリーを見てバッテリーサイズ・型番をしっかり確認してから購入するようにして下さい。

交換に関しては参考にしていただければと思いますが、もしご自分で交換される場合は自分の責任の範囲内で宜しくお願い致します。