車コーテイングの【撥水】【滑水】【親水】って何だろう!?

ろみちゃん

磨いた後のコーティング剤も色々種類はあるけどその中でも撥水とか滑水とか親水とかあるじゃない!?何がどう違うの??撥水はよく聞くきがするけど・・・
コーティング剤にもいろんな種類があるのでまずはそれぞれがどんな性質・特徴があるかお伝えするね

おーみん

【お悩み一覧】

  • 洗車後のコーティング剤の種類が分からない
  • 撥水とか滑水とか親水とかよく意味が分からない
  • 何を一番いいのか分からない
こんなお悩み、解決していきます!!

おーみん

まずはそれぞれの性質を知っておこう

洗車して、コーティングした後雨が降ったとしましょう。

あなたの愛車に水滴が付いたらその水滴はどんな風になっていますか??

水玉コロコロのようになっていたり、水たまりのように固まりサァーっと滑り落ちたりしていませんか?

この水滴の弾き方の違いが今から説明する「撥水性」「滑水性」「親水性」の特性に分けられます。

ではひとつずつ見ていきましょう!!

撥水性

このように水滴が水玉のようにコロコロになる状態が撥水性です。

一番聞き馴染みのある言葉ではないかなと思います。

実際にガソリンスタンドなどの洗車機の上位コースを選択すると大概撥水洗車がほとんどだと思います。

WAX洗車より光沢性・水弾き性も良く人気のコーティングです。

撥水性のコーティング剤を使用しておけば基本間違いなくキレイになり、光沢性も出てきっとご満足されると思います。

ただデメリットとしてはこの水玉コロコロの状態がレンズのような役割になってしまい水滴がついた状態で直射日光に長時間さらされるとイオンデポジットやウォータースポットといった通常の洗車ではとれない汚れが付着しやすくなってしますのでコーテイング後のお手入れはしっかりしておきたいところです。

滑水性

滑水性とは撥水性の水を弾く性質にさらに滑りを加えたコーティングです。

水玉コロコロの形も小さく、ゆっくり車を走らせても水が飛んでいくので水滴が残りにくく水はけがよいコーティングです。

ただデメリットとしては撥水コーティングと比べると光沢性が弱いので水弾きは抜群ですが、キレイさでは撥水性コーティングより劣ってしまうイメージです。

親水性

親水性のコーティングは薄い膜を形成して水を引いていくので撥水性のように水玉コロコロにならずスゥーっと水が膜になって落ちていきます。

撥水性と比べると水玉にならないのでイオンデポジットやウォータースポットになりにくい性質があります。

屋根がない駐車場だったり、天候に関係なく頻繁に車を使用する方はこちらの方をおすすめします。

話のところどころで出てくるイオンデポジットやウォータースポットに関して詳しく書いてあるのでよかったら参考に見て下さいね

おーみん

まとめ

ろみちゃん

よく分かったわ!!自分の車の保管状況や使用状況を考えて、撥水性にするか親水性にするか決めていくわ☆
手入れは大変だけど愛車の光沢性をあげてキレイに見せたいなら撥水性コーティングはおすすめだよ☆屋根がない駐車場に止めているとかなら親水性コーティングの方が汚れが残りにくいのでおすすめだよ

おーみん

今まで一度もコーティングをしたことがなければ基本どのタイプのコーティングをしても綺麗になります!!その上で自分のカーライフに合わせてコーティングの種類を選んでいけばいいと思います。