自動車の【磨き】とは!?自分でできる新車の輝きを取り戻そう!!

皆さんこんにちは。

おーみんです。

自動車の洗車をするにあたり洗車のおすすめ道具やケミカル粘土を使った方法などを

紹介してきましたがなんかイマイチ仕上がりが・・・という方はいませんか??

それを解消してくれるのは

磨き

である。

 

たまにガソリンスタンドなどで洗車した時に

「お車磨きませんか?新車の時のような輝きになりますよ~」

といったセールストークを受けたことはありませんか?

 

実際私も洗車した後に車の状況を見てお客様にご提案することは多々あります。

では実際に車を【磨く】というのはどういうものなのかご紹介していきますね。

 

磨きでキレイにする汚れのターゲット

車の塗装上には

  • 付着した汚れ(凸方向)
  • キズ    (凹方向)

の2種類が存在します。

凸方向の汚れに関しては別の記事で紹介したケミカル粘土で除去することが可能です。

【ケミカル粘土の活用】洗車道具の中で是非使用してほしい1品!!

実際に磨きでキレイにするダメージのターゲット

凹方向のキズ酸化塗装膜という塗装部分の表層の変質劣化層の二つになります。

悲しいことに車というのは時間とともにキズは増えていくものですし、酸化塗装膜も本来のボディの色を覆い隠してしまいます。

なので【磨き】で愛車のボディをキレイにしようということなのです。

塗装の厚みってどれくらいあるのか??

塗装の全体の厚みは平均的に

125~165ミクロン

あると言われており4~5層の塗装になっております。

 

クリア層を持つ塗装であればさらに

35~45ミクロン

あると言われております。

 

お菓子の外装フィルムやたばこのセロハンが約20ミクロンぐらいなのでちょうど2枚分がクリア層になります。

ここのクリア層の内10~20ミクロンあたり(タバコのセロハン分1枚分)が磨きの対象となります。

 

10~20ミクロンまでが磨きの安全圏内。20ミクロンを超えると危険ゾーンのため磨きは控えたほうが良い。

1度の磨きが0.5~1ミクロン前後なので10回前後は磨けるがあまりやり過ぎるとクリア層が剥げてしますので注意を!!

一度磨いたらコーティングをしっかりしてやることも重要になってきます。

 

では、実際に磨く方法として

  • 手磨き
  • ポリッシャー磨き

の2種類があるので一つずつご紹介していきます。

 

手仕上げによる磨き

コンパウンド、スポンジ、洗車ブラシなどを準備しましょう。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【スリーエム 3M】コンパウンド ハード・2-L 750ml 5985
価格:3070円(税込、送料別) (2019/9/1時点)

楽天で購入

 

 

 

 

 

 

手順

  • 超微粒子のコンパウンドを小さじ1杯スポンジに取る
  • スポンジにつけたコンパウンドを塗装面に軽くつけ馴染ませていく
  • 縦→横→縦の順番に磨いていく

 

縦・横・縦が大原則

円を描くようにこするとホコリなどを引きずってしまいぎらつくリング光彩を発生させてしますが縦横縦であれば仮にキズを発生させてしまっても目立ちにくいという特性がある。車の走行時に受ける風の向きなどを考えると最後は縦で終わることが好ましい。

コンパウンドというのは「研磨剤」です。

今回ご紹介しているコンパウンドは超微粒子タイプをご紹介しておりますが、当たりがマイルドで磨きすぎの心配が少ないので安心して施工できると思います。

コンパウンドというのは研磨の過程で研磨粒子が崩れて細かい滑らかな塗装を整えることができます。

「キュキュ」と音が出るまでスポンジで磨いて、スプレーなどで水分を補うとキレが戻ります。

この時が塗装を整える時で、徐々に力を弱めて研磨することがコツになります。

ポリッシャーによる磨き

作業効率がグンとあがるのはポリッシャーを使っての磨きです。

シングルよりダブルアクションのポリッシャーの方がバフの引きずりキズの心配が少ないので最初はダブルアクションのポリッシャーで磨いてみるのがおすすめです。

慣れてくるとシングルアクションのポリッシャーで磨いてみると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

手順

  • 超微粒子のコンパウンドをバフに5~6か所に適量つける

 ※最初にバフに軽く水を吹き付けておくとコンパウンドが馴染みやすくなります。

  • コンパウンドをつけたバフをボディに慣らしていく
  • 縦→横→縦の動きでポリッシャーをかけていく
  •   ※一度磨いた部分を3分の1程度、次の磨きの部分と重ねて作業していくのがコツ

 

まとめ

自分で洗車すると愛車に愛着が湧いてきますよね。

 

 

ここまですると仕上がりにもこだわりたいところですよね。

ご紹介したように自分の手で磨くこともできればポリッシャーを活用して磨くこともできます。

 

私は仕事柄、ポリッシャーで磨いて細かいところや気になるところを手で仕上げ磨きをするスタイルでやっております。

手仕上げの磨きならいつも洗車している場所でもできますし、延長コードを準備すればポリッシャーでも磨けます。

磨いたあとの光沢は最高です。

そのあとに塗るコーティングもノリが全然変わってきます。

プロに任せるのもいいですが、是非一度ご自分でも愛車を磨いてみませんか?